1901年に植えられた歴史あるジンファンデル

『ジンファンデルの国』として知られるローダイの”マリアンのぶどう園”。
マイケルの友人であるワインメーカーのスチュアート氏を訪れた際のブログが届きました(日本語の後に著マイケルのブログ記事が続きます)
この畑は1901年に植えられたブドウの木があるため、「すべてのジンの母」として知られています。 樹齢120年の古樹から作り出されるぶどうは深い味わいに心地の良い酸と、パワフルなフレーバーが特徴的です。
収穫からボトル詰めまで、お客様へ出荷されるまでワイナリーで一貫して管理しています。小規模なロットを少人数のスタッフで醸造しているので、それぞれのワインをより深く研究し一貫した品質のクラフトワインを生産することに成功しています。また、高品質のワインを提供するだけでなくスチュアート氏は環境に配慮したサステイナブル活動も行っています。持続可能なワイン栽培プログラムの”グリーン認定”を受けています。
そんなプレミアなジンファンデルでカリフォルニアのローダイを感じてみてください!商品を見る
 
Tomei Select Wines. Proven by you since 2003
The other day I had the chance to visit one of our longtime friends down in what is known primarily as “Zin” country; Lodi California.  Stuart Spencer at St. Amant was just opening a 2019 Marian’s vineyard Zinfandel when I walked in.  “Great timing Stuart!! Is that for me??!!”, I said. He poured me a ‘healthy’ tasting as we preceded to discuss the latest vintages and varietals Stuart was working on.  The 2019 Marian’s vineyard known by many in the Zin trade as the “Mother of all Zins’ because of the small acreage and 1901 planted vines, and that the vineyard owner Jerry Fry named it after his mother and matriarch of the Mohr-Fry vineyard estate.  These 120 year old vines are still producing fruit with deep, dark and intense flavors while maintain a moderate level of acidity on the finish.  Signs of a true Zinfandel and a true ‘Old Vine’.
Stuart is well known as an award winning winemaker producing wines not only from Zinfandel but from Petite Sirah and more obscure grapes such as Alicante Bouschet, Trousseau and Souzão.  Handcrafted and low production with an eye for detail, you can find his Marian’s Vineyard Zinfandel at Tomei’s while supplies last.
Sourced and approved by Michael of Tomei Wines