Red Wine & Seafood, It Can Be "What's for Dinner"

One of the modern day wine questions for red wine drinkers is what type of red wine if any, goes with seafood. Many of us don’t want to give up drinking red when we want to enjoy seafood but most heed the “red wine meat, white wine fish” warning. Well, there are exceptions to the rule and arguably a “safe bet” in that department, from sushi to “the daily special” is Pinot Noir.
I had a chance to visit my friend Andy at Andy’s Shin Hinomoto in Yurakucho with a bottle of Lease Fitch Pinot Noir and Lease Fitch Sauvignon Blanc. Leese Fitch is part of the Sebastiani Family of wines. Andy’s (the Establishment), has been around for more than 70 years and for me is undoubtedly one of the best seafood places in Tokyo.  Andy (my friend), is a normal fixture at Tsukiji market most everyday and has a keen eye for what his customers want and will enjoy at a price that won’t break the bank.  I alway make a point to order the sashimi plate and the seared scallops (hotate).  Some of you may balk at the idea of sashimi and Pinot, but a lighter, slightly fruiter style with nominal acidity may surprise you and your palate.  Light enough with balanced, moderate acidity to compliment sashimi to seared scallops, is a match yet to be explored by most.
Our Lease Fitch Sauvignon Blanc (not pictured at mealtime), is also a good match for white drinkers.  Reason?  Well much like the Pinot Noir, the Lease Fitch Sauvignon Blanc is also a “broad spectrum” wine, with balanced acidity and a bit more body than a traditional Sav Blanc, due the 12% French Colombard, and sunny California growing season. Go ahead and match it against both sashimi to scallops, you may find the moderate acidity compliments fatty fish while the body stands up to seared shellfish.
 
Our Lease Fitch 2 bottle set.
Regular  ¥7,038, tax and shipping included.
2-pak set. ¥4999, tax and shipping included.
Limited time offer.
More About Leese Fitch Wines:
When in Tokyo, Andy’s (usually reservation only but….).

赤ワイン好きの昨今の疑問の一つにシーフードにはどんな赤ワインが合うか?というものがあります。シーフードを食べるときに赤ワインを諦めたくはないのですが、どうしても”お肉には赤ワイン、お魚には白ワイン”という決まりごとが気にかかります。しかし、ルールには例外があります。お寿司から日替わり定食まで、ピノ・ノワールを選んでおけば間違いなく安全です。 先日有楽町のレストラン、”Andy’s新日の基”に友人のAndyを訪ねる機会があり、リースフィッチのピノ・ノワールとソーヴィニョンブランを持って行きました。リースフィッチはセバスチャーニファミリーが手掛けています。Andy’sは開店から70年以上になり、私にとって東京のベストシーフードレストランの一つです。友人のAndyは築地市場の常連です。彼は目利きで、レストランのお客様が食べたいと思う安心価格の魚を選んでくれます。私は決まっていつも刺身とホタテの炙りをオーダーします。 お刺身とピノ・ノワールのペアリングに戸惑う方もいるかもしれませんが、わずかな酸味とともに軽めでほんのり果実味があり、とてもよく合うことに驚かれことでしょう。バランスのとれた柔らかな酸味と刺身、ホタテの炙りとのマッチングはまだ探求されていないようです。私たちのリースフィッチ・ソーヴィニョンブランは白ワイン好きの方に最適です。その理由は、ピノ・ノワールと同様リースフィッチ・ソーヴィニョンブランも幅広いスペクトラムを持つワインで、バランスのとれた酸味に加え、フレンチコロンバールを12%使用し、温暖なカリフォルニアで栽培されているため、通常のソーヴィニョンブランよりも少しだけボディがあります。刺身とホタテとぜひ試してみてください。きっと柔らかな酸味が脂の乗った魚やホタテの炙りととてもよくマッチすることをお分かりいただけるでしょう。
 
リースフィッチ2本セット
通常価格 ¥7,038
消費税、配送料込み
2本セット価格 ¥4,999
消費税、配送料込み。期間限定商品です。
リースフィッチの詳細はこちら
東京に行かれる際は、ぜひAndy’sに(通常は予約のみですが。。。)