Collection / コレクション: W.H. Smith / W.H.スミス

In 1974 the late Bill Smith wandered up a windy road on the Vaca Mountain range in Napa Valley and discovered the abandoned La Jota Vineyard winery. Falling for the beauty of the now famed Howell Mountain region, he and his wife Joan began their wine adventure. His first commercial vintage from this property under the La Jota Winery label was in 1982. Bill credits prominent winemaker Randy Dunn as being an initial early influence during his formative winemaking years after selling the La Jota winery in 2000, friend and winemaker Helen Turley inspired Bill Smith to try his hand at Pinot Noir. So and began the W.H. Smith label where he excelled in making primarily Pinot Noir from the Sonoma Coast region.
1974年ビル・スミスは風の強いヴァカ山脈の道をさまよっていた時、見捨てられていたラ・ホタ・ヴィンヤードのワイナリーを見つけました。今では有名なハウエル・マウンテン地区の美しさに惹かれ、彼と彼の妻のジョアンはワインの道へ歩み始めました。ラ・ホタ・ワイナリーのラベルをついた彼の最初のヴィンテージは1982年でした。ビルは2000年にラ・ホタ・ワイナリーを売却後、何年かの醸造期間に、最初に影響を与えた優れた醸造家として、ランディ・ダンに信頼を置いています。友人で醸造家のヘレン・ターリーはビル・スミスにピノ・ノワールへの挑戦を勧め、彼はソノマコーストのピノ・ノワールを中心としたワイン造りに卓越、W.H. Smithラベルがスタートすることになりました
 
 
The first vintage of Maritime Ridge Vineyards—one of four vineyards—was harvested in 2002 and was released in the spring of 2004. W.H. Smith Winery now has four Pinot Noirs: a Sonoma Coast blend, Marimar Estate Vineyard, Hellenthal Vineyard, Umino Vineyard and the flagship Maritime Vineyard all from the Sonoma Coast appellation.
4か所の栽培地のひとつ、マリタイム・リッジ・ヴィンヤーズの最初のヴィンテージは2002年収穫、2004年春にリリースされました。現在W.H. スミスワイナリーは4種類のピノ・ノワールを発売しています。ソノマコースト・ブレンド、マリマール・エステートヴィンヤード、ヘレンタル・ヴィンヤード、ウミノ・ヴィンヤード、そしてフラッグシップであるマリタイム。全てソノマコーストの栽培地から収穫したブドウで造られています
Bill sourced grapes from these vineyards which he felt gave Pinot Noir its truest expression.  Bill was instrumental in the development of blending pinot noir clones after discrete fermentation process, using Clone 777, 828 and Salton115 among others. What followed was his expert blending technique that would become his signature Sonoma Coast Pinot Noir.  In addition, Bill felt a mixture of various vineyards created still more complexity, bringing out the best that each vineyard could offer while allowing for vintage consistency. His knowledge and wine making wisdom has been passed on to the winemaking staff at W.H. Smith with a pledge
of continuing Bill’s legacy.
ビルは最もピノ・ノワールを表現していると感じるこれらの栽培地からブドウを調達しています。彼は個別発酵後のピノ・ノワールクローンのブレンディング開発に尽力、数ある中でクローン777828とサルトン115を使用しました。そして彼の専門的なブレンド技術は、ソノマコースト・ピノ・ノワールを彼のシグネチャーとしました。ビルはさらに様々な栽培地を混合することで、もっと複雑さが生まれ、ヴィンテージの差が出にくく、
栽培地が持つ最良な状態を引き出せると感じました。彼の知識とワイン醸造の知恵は、
ビルの遺志と共にW.H.スミスの醸造スタッフに受け継がれています
 
1 product / 商品