Tomei Wines RSS



ドライブ中に瞬きしたら、入り口を見過ごしてしまいます

エステート1856ワイン、ブライアンとジャニスシュミット、ドライクリークバレー、カリフォルニア州ソノマソノマのドライクリークバレーAVAのイーストドライクリークバレー道路沿いの木々の中に隠れており、手作りの少量生産ワインに関しては、原石のダイヤモンドを待っています。 ジャニスとブライアンは、第5世代の家族から生まれ、1856年にブライアンの祖先であるD.D.によって始められたブドウ園を育ててきました。 Tzabaco Rancho Vineyardsのフィリップス。 ジャニスとブライアンは両方とも、アンドレチェリストシェフのようなヘビーヒッターとの在職期間を含め、熟練したブドウ栽培と醸造学のバックグラウンドを持っており、ソノマで最高の赤い品種と真のボルドーブレンドを生み出しています。 植え付けから収穫、瓶詰めまで細部にまで注意を払い、本当に素晴らしい体験を生み出すための費用は惜しみません。 彼らの5世代目のブドウ畑は、私が今まで味わったことのない最も深いマルベックとプチヴェルドのいくつかを生み出しています。カベルネソーヴィニヨンは、しっかりとしたタンニンと長いレイヤードフィニッシュで、伝統的な旧世界のカベルネと同様に、よりバランスを考慮して設計されています。 彼らの最高の業績は、味覚だけでなく価格においても私を驚かせた真の「新世界」ボルドースタイルのワイン、デュバルプロスペクトの3品種すべての集大成です。全体で複数の金メダルを獲得したかどうかに関係なく、エステート1856はカリフォルニアで最もよく守られている秘密の1つです。 珍しくてユニークで情熱的に作られたものだけを探しているなら、ジャニスとブライアンシュミットのエステート1856赤ワインはもう探す必要はありません。 https://www.tomeiwines.com/collections/estate-1856で私たちのウェブサイトでエステート1856ワインの詳細をご覧ください#tzabacorancho#drycreekvalley#ぶどう畑https://www.facebook.com/TzabacoRanchoVineyards/

続きを読む



赤ワインとシーフード、ブドウの品種によってはよく合います

赤ワイン好きの昨今の疑問の一つにシーフードにはどんな赤ワインが合うか?というものがあります。シーフードを食べるときに赤ワインを諦めたくはないのですが、どうしても”お肉には赤ワイン、お魚には白ワイン”という決まりごとが気にかかります。しかし、ルールには例外があります。お寿司から日替わり定食まで、ピノ・ノワールを選んでおけば間違いなく安全です。 先日有楽町のレストラン、”Andy’s新日の基”に友人のAndyを訪ねる機会があり、リースフィッチのピノ・ノワールとソーヴィニョンブランを持って行きました。リースフィッチはセバスチャーニファミリーが手掛けています。Andy’sは開店から70年以上になり、私にとって東京のベストシーフードレストランの一つです。友人のAndyは築地市場の常連です。彼は目利きで、レストランのお客様が食べたいと思う安心価格の魚を選んでくれます。私は決まっていつも刺身とホタテの炙りをオーダーします。 お刺身とピノ・ノワールのペアリングに戸惑う方もいるかもしれませんが、わずかな酸味とともに軽めでほんのり果実味があり、とてもよく合うことに驚かれことでしょう。バランスのとれた柔らかな酸味と刺身、ホタテの炙りとのマッチングはまだ探求されていないようです。私たちのリースフィッチ・ソーヴィニョンブランは白ワイン好きの方に最適です。その理由は、ピノ・ノワールと同様リースフィッチ・ソーヴィニョンブランも幅広いスペクトラムを持つワインで、バランスのとれた酸味に加え、フレンチコロンバールを12%使用し、温暖なカリフォルニアで栽培されているため、通常のソーヴィニョンブランよりも少しだけボディがあります。刺身とホタテとぜひ試してみてください。きっと柔らかな酸味が脂の乗った魚やホタテの炙りととてもよくマッチすることをお分かりいただけるでしょう。 リースフィッチ2本セット通常価格 ¥7,038消費税、配送料込み2本セット価格 ¥4,999消費税、配送料込み。期間限定商品です。リースフィッチの詳細はこちら https://www.tomeiwines.com/ja/collections/leesefitch 東京に行かれる際は、ぜひAndy’sに(通常は予約のみですが。。。)http://shin-hinomoto.com https://www.tomeiwines.com/ja/collections/leesefitch 東京に行かれる際は、ぜひAndy’sに(通常は予約のみですが。。。)vhttp://shin-hinomoto.com

続きを読む



ポピーワインについての思標

私は最近、パソロブレスのブドウから造られた2016年のポピーシャルドネと2017年のポピーカベルネ・ソーヴィニヨンを開けました。どちらもモントレーワインのものです。私はもうかなり前からこの二つのワインを飲んでおり、ここ過去数年でこれほどよく熟成してきたのはむしろ当然と思っていたので、特に驚きはしませんでした. ポピーワインは、コストパフォーマンスのみでなく最も熟成する価値があるワインのひとつです。 このシャルドネは、ちょうどビッグサーの東、モントレー湾の南に位置するサン・ルチア・ハイランドの東側の斜面で収穫されたブドウから造られます。その谷はその他大部分のカリフォルニアバレーよりも北西から南東に走っています。風通しをよくし、一定の温度変化を保つのに少し工夫が必要ですが、それにより年間を通してブドウをより均等に熟成させ、よりよいワインを造ることができるのです。そうして造られたワインは、間違いなく独特の風味をもち、それを好む愛飲家に確実に支持されています。2016年のヴィンテージは3つの別々の発酵過程を経て造られたワインをブレンドすることにより、凝縮された味わいを持つエレガントなシャルドネをかなり手頃な価格で提供することを可能としています。70%は樽熟成、残りの30%はステンレスタンクで熟成されており、”クリーミーで豊潤、爽やかなフルーツの酸味の優れたバランス”と評されるワインを造り出しています。確かにこのシャルドネは、樽香、軽いトーストの風味、爽やかな酸味を持つよくバランスのとれたミディアムボディのワインです。この素晴らしいワインは、様々な料理と合わせても、またワインだけでも楽しめます。エクセレントでリーズナブルなワインです。 このシャルドネは、ちょうどビッグサーの東、モントレー湾の南に位置するサン・ルチア・ハイランドの東側の斜面で収穫されたブドウから造られます。その谷はその他大部分のカリフォルニアバレーよりも北西から南東に走っています。風通しをよくし、一定の温度変化を保つのに少し工夫が必要ですが、それにより年間を通してブドウをより均等に熟成させ、よりよいワインを造ることができるのです。そうして造られたワインは、間違いなく独特の風味をもち、それを好む愛飲家に確実に支持されています。2016年のヴィンテージは3つの別々の発酵過程を経て造られたワインをブレンドすることにより、凝縮された味わいを持つエレガントなシャルドネをかなり手頃な価格で提供することを可能としています。70%は樽熟成、残りの30%はステンレスタンクで熟成されており、”クリーミーで豊潤、爽やかなフルーツの酸味の優れたバランス”と評されるワインを造り出しています。確かにこのシャルドネは、樽香、軽いトーストの風味、爽やかな酸味を持つよくバランスのとれたミディアムボディのワインです。この素晴らしいワインは、様々な料理と合わせても、またワインだけでも楽しめます。エクセレントでリーズナブルなワインです。 2017ポピーカベルネ・ソーヴィニヨンが造られるのは、パソ・ロブレスから南へ1時間半ほど離れたサニースロープとサン・フアンヴィンヤードです。サニースロープの樹齢の若い樹から収穫されるブドウとサン・フアンの古樹から穫れるブドウの組み合わせることによって、素晴らしいバランスと複雑性持ったワインに仕上がっています。“パソ”と呼ばれるその場所は、カベルネ、メルロー、シラーやジンファンデルで知られるようになり、カリフォルニアらしいゆったりとしたワイナリーの雰囲気を求めている人たちに人気の土地となりました。モントレーワインカンパニーは、他のワインと同様に、カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫を綿密に分け、サーモビニフィケーションの醸造法を用いて、昔ながらのマセレーション法によってこのカベルネ・ソーヴィニヨンを造っています。シンプルに言えば、“良いものを最大限に活かし、悪いものを排除する”という発酵プロセスということです。このプロセスこそが、バランスの良いコストパフォーマンスの優れたミディアム~フルボディのワインを造ると言えるでしょう。タンニンは柔らかで飲みやすく、それでいて深みのある味わいが飽きさせません。お食事と一緒にもワインだけでも楽しめる1本。ラムやロースト系の肉料理、低温で甘さは控えめのお料理がよく合うでしょう。ポピーシャルドネと2017ポピーカベルネ・ソーヴィニヨンの2本セットを特別割引価格にて販売中です。在庫がなくなり次第終了となります。 (¥6,000税込) こちらで購入

続きを読む