W.H.スミス ワインズ – Tomei Wines

コレクション: W.H.スミス ワインズ



ビルは最もピノ・ノワールを表現していると感じるこれらの栽培地からブドウを調達しています。彼は個別発酵後のピノ・ノワールクローンのブレンディング開発に尽力、数ある中でクローン777、828とサルトン115を使用しました。そして彼の専門的なブレンド技術は、ソノマコースト・ピノ・ノワールを彼のシグネチャーとしました。ビルはさらに様々な栽培地を混合することで、もっと複雑さが生まれ、ヴィンテージの差が出にくく、
栽培地が持つ最良な状態を引き出せると感じました。彼の知識とワイン醸造の知恵は、

ビルの遺志と共にW.H.スミスの醸造スタッフに受け継がれています。



4か所の栽培地のひとつ、マリタイム・リッジ・ヴィンヤーズの最初のヴィンテージは2002年収穫、2004年春にリリースされました。現在W.H. スミスワイナリーは4種類のピノ・ノワールを発売しています。ソノマコースト・ブレンド、マリマール・エステートヴィンヤード、ヘレンタル・ヴィンヤード、ウミノ・ヴィンヤード、そしてフラッグシップであるマリタイム。全てソノマコーストの栽培地から収穫したブドウで造られています。



1974年ビル・スミスは風の強いヴァカ山脈の道をさまよっていた時、見捨てられていたラ・ホタ・ヴィンヤードのワイナリーを見つけました。今では有名なハウエル・マウンテン地区の美しさに惹かれ、彼と彼の妻のジョアンはワインの道へ歩み始めました。ラ・ホタ・ワイナリーのラベルをついた彼の最初のヴィンテージは1982年でした。ビルは2000年にラ・ホタ・ワイナリーを売却後、何年かの醸造期間に、最初に影響を与えた優れた醸造家として、ランディ・ダンに信頼を置いています。友人で醸造家のヘレン・ターリーはビル・スミスにピノ・ノワールへの挑戦を勧め、彼はソノマコーストのピノ・ノワールを中心としたワイン造りに卓越、W.H. Smithラベルがスタートすることになりました。

1商品